若はげに効果的な治療方法とは?

AGA治療で若はげを治す

若はげは当事者にとってとてつもない精神的ダメージを与えます。生き甲斐を失うくらいに悩む方もたくさんいます。若はげの主な要因について生活環境や仕事からのストレスや偏った食生活が原因だと言われていますし、AGA・男性型脱毛症では生活上からくる外的要因などで脱毛ホルモンが増加して起こるとも言われています。ですから若はげをしっかりと治療するためにはこれら原因を取り除く必要があります。まず若はげに多いAGA・男性型脱毛症の治療にはプロペシアの薬物治療があります。毛母細胞にある5αリダクターゼという成分が男性ホルモンと結合して脱毛ホルモンに変化するのですが、その働きを阻害する効果を持った薬品なのです。AGAの進行をストップさせる効果は高いのですが、日本では医療機関でのみ処方が認められています。その理由は副作用がとても強いからです。勃起不全や精子の不活発などを起こすケースがありますので、使用には十分に注意が必要な治療法です。

生活習慣を見直して治療

そこで一般生活を見直す事からアプローチする事ができます。乱れた生活習慣を根本から改善すると頭皮や毛根へのダメージを軽減できます。そもそもホルモンバランスが崩れるのはストレスと新陳代謝の低下が原因にあります。特に若いときは無理な食生活や睡眠不足が慢性化しやすい傾向にあります。睡眠時間が短いとか時間が不規則だと成長ホルモンの分泌が減少します。夜10時から深夜2時の間が最も活発で、その間は睡眠する必要があるのです。またこの時間に起きていると副交感神経が働かずに、毛乳頭までしっかりと血液が送り込まれない事態が起こります。それでは育毛がままなりません。ですから生活習慣を見直して育毛しやすい環境を整える治療が必要になります。

育毛剤で治療する

そして育毛剤による治療も効果的です。先にあげたプロペシアや血行アップの効果を持つミノキシジルといった化学薬品は副作用の面で必ずしも好ましいとは言い難いものがあります。ですが最近開発された海藻エキスのM-034やセンブリ、ダイオウなどの天然植物の育毛エキスをブレンドした育毛剤は成分的にも副作用の心配がありませんし、効果もミノキシジルに劣らないというデータもあります。分類としては医薬部外品ですので自宅で治療する事が可能です。育毛剤は現在生えている頭髪の維持や脱毛予防に産毛の強化といった効果があります。男女兼用のものや、近年増えている女性の薄毛にも対応した商品もありますので、実際にご自分で試しながら合うものをお探しになると良いでしょう。