若はげを予防するシャンプーを知っていましたか?

若はげに悪いシャンプー方法とは

若はげが気になりだしたら取るべき方法は2つです。脱毛ホルモン・DHTの生成をブロックして抜け毛を予防する事と、今生えている産毛をちゃんと育毛させる事です。この2つを同時に行って若はげから脱出する事ができます。そこでまず改善をしたいのが毎日のシャンプーです。一般的にはシャンプーで皮脂を徹底的に洗い流して、毛穴をスッキリさせなければいけないと考えている方が多くいます。確かに毛穴に溜まった皮脂と角質カスの塊は毛根を殺してしまいますので取り除かなければなりません。ですが頭皮から根こそぎ油分を洗い流してしまうと逆に脱毛症を促進する原因になるのです。若い人の場合は皮脂を取り過ぎると、肌バリア機能が過剰に働いて余計に皮脂分泌を活性化させます。これがいわゆるアブラ症の原因です。皮脂を洗い流せば洗い流すほど症状は悪化します。それで毛根が弱ってしまう事になりますので洗い過ぎはとにかくNGです。

安全なシャンプーを選ぶ

そこで適したスカルプケアの第一歩は余分な毛穴の汚れを取りながら、同時に必要な保湿を補うシャンプーを行う事です。オススメのシャンプーはやはり肌に優しいノンシリコンで天然の洗浄力をもつアミノ酸系シャンプーでしょう。あるいは馬油を界面活性剤にしたシャンプーは洗浄と同時に不飽和脂肪酸で栄養補給もでき、皮脂の酸化と過剰分泌を防いでくれて育毛に適した環境を整えます。その他にも自然の洗浄剤を使った安全性の高いシャンプーがたくさんありますので試してみてください。反対に石油系界面活性剤や香料、着色料に保存料などの化学物質の添加物を配合しているシャンプーは皮脂を根こそぎ奪うだけでなく、不純物となって毛穴に入り込み蓄積されます。これは肌の新陳代謝を低下させると同時に肌のバリア機能を奪います。もちろん毛穴の環境は悪くなり毛根の働きを妨害します。代表的な成分にラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na、エデト酸塩などがあります。また酸化防止剤のBHTなど化学物質を含んだものは危険です。基本的に無添加のものを選んでください。

スカルプケアを考えたシャンプー術

そしてシャンプーの仕方も大切です。出来る限り少なめのシャンプーをしっかりと泡立てさせてから頭髪にのせます。そして指の腹を使って優しく揉み洗いをしましょう。そしてたっぷりのお湯で丁寧に濯ぎます。これでかなり頭皮へのダメージが軽減できます。シャンプー後には天然成分の育毛剤を使ってスカルプケアをしていきます。若はげの方もそうでない方もこのシャンプー術で抜け毛予防をしてみましょう。