若はげを予防するシャンプーを知っていましたか?

若はげに悪いシャンプー方法とは

若はげが気になりだしたら取るべき方法は2つです。脱毛ホルモン・DHTの生成をブロックして抜け毛を予防する事と、今生えている産毛をちゃんと育毛させる事です。この2つを同時に行って若はげから脱出する事ができます。そこでまず改善をしたいのが毎日のシャンプーです。一般的にはシャンプーで皮脂を徹底的に洗い流して、毛穴をスッキリさせなければいけないと考えている方が多くいます。確かに毛穴に溜まった皮脂と角質カスの塊は毛根を殺してしまいますので取り除かなければなりません。ですが頭皮から根こそぎ油分を洗い流してしまうと逆に脱毛症を促進する原因になるのです。若い人の場合は皮脂を取り過ぎると、肌バリア機能が過剰に働いて余計に皮脂分泌を活性化させます。これがいわゆるアブラ症の原因です。皮脂を洗い流せば洗い流すほど症状は悪化します。それで毛根が弱ってしまう事になりますので洗い過ぎはとにかくNGです。

安全なシャンプーを選ぶ

そこで適したスカルプケアの第一歩は余分な毛穴の汚れを取りながら、同時に必要な保湿を補うシャンプーを行う事です。オススメのシャンプーはやはり肌に優しいノンシリコンで天然の洗浄力をもつアミノ酸系シャンプーでしょう。あるいは馬油を界面活性剤にしたシャンプーは洗浄と同時に不飽和脂肪酸で栄養補給もでき、皮脂の酸化と過剰分泌を防いでくれて育毛に適した環境を整えます。その他にも自然の洗浄剤を使った安全性の高いシャンプーがたくさんありますので試してみてください。反対に石油系界面活性剤や香料、着色料に保存料などの化学物質の添加物を配合しているシャンプーは皮脂を根こそぎ奪うだけでなく、不純物となって毛穴に入り込み蓄積されます。これは肌の新陳代謝を低下させると同時に肌のバリア機能を奪います。もちろん毛穴の環境は悪くなり毛根の働きを妨害します。代表的な成分にラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na、エデト酸塩などがあります。また酸化防止剤のBHTなど化学物質を含んだものは危険です。基本的に無添加のものを選んでください。

スカルプケアを考えたシャンプー術

そしてシャンプーの仕方も大切です。出来る限り少なめのシャンプーをしっかりと泡立てさせてから頭髪にのせます。そして指の腹を使って優しく揉み洗いをしましょう。そしてたっぷりのお湯で丁寧に濯ぎます。これでかなり頭皮へのダメージが軽減できます。シャンプー後には天然成分の育毛剤を使ってスカルプケアをしていきます。若はげの方もそうでない方もこのシャンプー術で抜け毛予防をしてみましょう。

若はげが始まるのは何歳からでしょう?

若ハゲはいったい何歳から始まる?

遺伝や生活習慣によって発生時期やその進行具合は異なりますが、いわゆるAGA・男性型脱毛症では20代前半から始まります。初期症状は髪の毛が未発達になり、細い状態で抜け毛になります。始めはブラッシングの時に抜け毛が気になる程度ですが、やがては光の具合で地肌が透けて見える様になってきます。一般的に若はげというとシニア世代を想像するかもしれませんが、実際には20代で禿げ始めるケースが少なくないのです。ストレス社会と言われている日本では薄毛人口が確実に増加しています。原因は食習慣の乱れやライフスタイルの不規則化によって、ここ20年ほどでは薄毛人口は2割程度増加してるというデータもあるのです。

危険物質の摂取を避ける

特に食習慣では脂肪摂取量が増えた事に並行して、タンパク質の低下や炭水化物などの糖質の取り過ぎが大きく関係しています。多すぎる糖質摂取は血行不良を起こしますし、髪の毛の成分であるタンパク質や細胞間物質のコラーゲンなどの不足で育毛にも衰えが出ます。そして人工的な添加物によって脱毛は加速します。栄養のバランスを整える事は若はげ予防には欠かせません。また過度のストレスの蓄積や睡眠不足も問題です。新陳代謝を低下させてホルモンバランスを崩す原因です。AGAは男性ホルモンの異常で起こる症状です。毛根細胞内で発生する5αリダクターゼという因子が男性ホルモンをジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変換してしまいます。それでヘアサイクルが極端に短くなって、過度に脱毛してしまう症状です。要するに自律神経のバランスを乱す生活習慣は若はげの危険度をアップさせてしまいます。

スカルプケアを丁寧に行う

若はげの方が特に注意をしたいのはスカルプケアです。毛根が完全に死んでしまうと再び発毛させる事が難しくなります。20代では皮脂分泌過多による毛穴の詰まりを気を付けましょう。また危険な添加物を含んだシャンプーやリンスも禿げの原因になります。特に合成界面活性剤は髪の毛にダメージを与える危険物質です。代表的な成分にラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naやエデト酸塩があります。保存料も危険です。酸化防止剤のBHTなど化学物質を含んだものは避ける様にしましょう。それから定期的にパーマをかけたりカラーリングをしている方も要注意です。そして洗い過ぎはNGです。天然系のシャンプーでソフトに洗うとダメージは軽減されます。この様にライフスタイル全般を見直してじっくりと対応していく事が若はげ予防の近道になります。

若はげ対策としてできる改善方法

若いのに、薄毛やはげが原因で年齢よりずいぶん年上に見られる。
女性に敬遠されてしまう・・・。
など、見た目で損をし、自分に自信がなくなってしまう体験をされる方も多いでしょう。

自信をもって生活していくためにも、若ハゲを克服するための対策をしましょう。

一般的に若ハゲとは、10代~30代前半位を示すそうです。
仕事にも、恋愛にも、頑張りたい頃ですよね。

以前は、若ハゲを含め、ハゲは遺伝である。という説が多くありましたが、最近は仕事や社会でのストレス、食生活が原因で薄毛やハゲになる人が増えているそうです。

一般的にハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)と言われます。
これは、男性ホルモンのバランスに変化がおき、男性ホルモンが過剰分泌され、DHTという物質が増えて髪の毛の生えてくるサイクルを短くするそうです。
これにより、髪の毛がしっかり生えないうちに次の髪の毛が生えてきて、だんだんと髪質が軟化して、薄毛からハゲへと変化します。

ですが、若いうちは男性ホルモンの分泌には問題はあまりなく、男性ホルモンはバランスよく分泌されているので、30代前半より若い人はAGAではなく、若年性脱毛症と言われ、別な何らかの原因によって、薄毛やハゲになっているそうです。

では、若ハゲを進行させない、また、改善するにはどうしたらよいのでしょう。

仕事や日常における一時的なストレスが原因であれば、そのストレスを取り除くことで、自力で改善することもあるそうです。

ですが、基本的には育毛剤や発毛剤を使用したり、内服薬などを使って治療を行い、若ハゲの改善を図るのが対策としてあります。

専門のクリニックへ行き、自分の症状を相談して、自分に合った育毛剤・発毛剤や内服薬を処方してもらうのが良いでしょう。

ただし、すぐに効き目が現れるわけではなく、個人差はありますが半年以上は効果が見られないこともあるそうです。そのため、数ヶ月で挫折してしまう人もいるとか。

長い目で、じっくり、適切な対策を行って、諦めずに若ハゲの改善に努める必要がありますね。

薬や、育毛剤だけでなく、日常の生活を改善することで、より早い効果が得られる可能性は十分にあります。
睡眠をしっかり取り、食事に気を遣うことで、体全体の血行・血流が良くなり、頭皮にも栄養が行きやすくなります。
こういった努力を合わせ重ねて、早く悩みを解決してほしいです。

世の中、見た目だけで人を判断をする人ばかりではないので、自分の目標やライフスタイルをしっかり持って、堂々と人生を歩むことが第一。だと思う気持ちもありますが・・・。

外見にも自信が持てれば、より良い人生となるでしょう。